六本木駅前歯科

rodental.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 09月 11日

感動の講演会



昨日は救歯会の外来講師講演会で、九州の河原英雄先生をお招きいたしました。
河原先生の論文「対治と同治」の抄読会を行ったことがきっかけです。
友人の倉富先生の時もそうでしたが、博多弁でお話されて懐かしい気持ちで拝聴しました。
河原先生のこれまでの歯科医人生の集大成の御講演で、審美補綴 インプラント パーシャルデンチャー
を経て、60歳から無医村における保険医としての総義歯臨床をユーモアたっぷりに
語られました。大学時代に写真部に所属し、一日中かけてカマキリの接写に明け暮れた
などところどころで爆笑のエピソードも豊富ですし、臨床も全力投球でまだまだ臨床への
熱は御年70半ばにして、全く衰えていないと思いました。
総義歯のリマウント操作で、旧義歯でリンゴ丸かじり ピーナッツなどなんでも
食べられる様になった寝たきりの患者さんが最後には海外旅行に行くまでに
快復された様子を動画で紹介された時は、思わず”えー!”と叫んでしまいましたし、
また感動で涙する先生もおられました。
患者さんを大切に思っている姿勢 歯科界を良くしたいという思いを後進に
伝えたかったと思いますが、歯科医療が心底好きでのその素晴らしさも教えていただいたと
思っています。懇親会でも、たくさんの質問を人懐っこくお話いただき、幸せな時間を過ごせました。


e0190844_13584671.jpg


e0190844_11094202.jpg






by roppongi-dental | 2017-09-11 16:00


<< 衛生士勉強会講演会      救歯塾第5回 >>


記事ランキング
画像一覧