六本木駅前歯科

rodental.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:医院 ( 47 ) タグの人気記事


2017年 06月 21日

ホームページリニューアル

しばらくグログを更新しておりませんでしたが、ホームページのリニューアルに取り組んでいました。
今回で3回目のリニューアルになります。
始めた当初(15年前?)は電話帳レベルでそれほど重要視しておりませんでしたが、
最近ではホームページを見て、調べて予約が入る時代になってきました。
そのため医院の特徴を理解してきていただくために内容を充実させた方がよいかと思う様になりました。
今回は患者さんに見て伝わる様にが目的です。
業者の方とのやり取りの中、この表現の仕方はどうかな?でもこの方が分かりやすいのかな?などと試行錯誤し、気づかされる事も多々ありました。
症例提示も簡単に更新できるようになったり、便利になってきています。
先日患者さんから、色々調べて内容を吟味して当院を選んで下さったようで、当院にきてよかったと嬉しいお言葉を頂きました。
もちろんホームページは入り口ですから、医院にきて初めて分かることはあるかと思いますが、ホームページとのギャップがあまりなかったということでしょうか?
医院情報しっかりお伝えできる様に今後も改善していきたいと思います。
新しいブログを開設することになっているのですが、まだできていないのです。しばらくお待ちください。




by roppongi-dental | 2017-06-21 12:01
2017年 03月 14日

ホワイトデー

5人の女性スタッフがいる当院では男性2人が頭を悩ます1日です。
人数もさながら、女性の好みとは難しいものです。
バレンタインデーが恒例になったのはちょっとしたことからでした。
10年以上前ですが、六本木にクローバーという店がありました。
その店のショートケーキがとっても美味しいのですが、ホールで買ってみなで食べることを楽しみにしていたことから始まりました。
六本木のクローバーが閉店してから、色々と試していますが定番の店はなかなか決まりません。
今年はホールになるくらいのタルトの大盛り、彩りが綺麗でお腹いっぱいになったことでしょう。
お昼休みの食後に楽しんでいたようです。

e0190844_15560508.jpg


by roppongi-dental | 2017-03-14 14:52
2016年 04月 22日

マイクロスコープ

マイクロスコープを新しく導入しました。
GLOBALは角度の調整がしやすく使い勝手がよいと感じました。
写真のような、(手術の際に)歯根面を細かく観察したり、(根の治療で)根管内の状態を確認することができます。
悩みは附属のカメラです。
マイクロスコープを覗いている本人はよく見えますが、コンパクトカメラでは記録としての写真が今一歩なのです。
拡大率は違いますが、一眼レフカメラとの差は歴然としています。
販売元が設置してくれたものですが、欲しい機能がなく、いらない機能がたくさんありました。
見えた所で術者の技術は変る訳ではないのですが、より確かな情報を患者さんに提供できるよう改善していきたいと思います。

e0190844_14425943.jpg






by roppongi-dental | 2016-04-22 15:25
2016年 01月 04日

2016今年もよろしくお願い致します

あけましておめでとうございます。
慌ただしい暦と季節外れの天候ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

六本木駅前歯科は1/4月曜日より診療開始しております。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

e0190844_16270977.jpg


by roppongi-dental | 2016-01-04 10:27
2015年 12月 27日

年末年始休みのお知らせ

12月28日から1月3日までお休みをいただいております。
4日月曜日から通常通りの診療を開始します。
何かとご不便をおかけすることもあるかとは思いますが、宜しくお願い致します。

by roppongi-dental | 2015-12-27 12:49
2015年 10月 01日

衛生士勉強会 

昨日は、当医院で月末に行われる6医院が参加している衛生士勉強会でした。
S歯科のSさんと、当医院のOさんの発表でした。S歯科のSさんは、
初めての発表で大変緊張している様子でしたが、発表は見事なもので
若い患者さんを丁寧にプラークコントロールからルートプレーニングまで
行っており感心させられました。
当院0さんの発表は、重度歯周炎で欠損歯列、喫煙の3重苦揃った難症例の11年経過でしたが、
心配していた歯周炎の問題は出ず、根面カリエス(根元の虫歯)に最近では悩まされていますが、
一本の歯も失われることなく、経過の中で禁煙にも成功し、手前味噌ですが見事な症例でした。
経過観察の重要性(面白さ)と患者さんとの長いおつきあいの喜びを感じているのが伝わりました。
Y銀行歯科のYさんも淡々と座長をこなし、また意見も活発で衛生士さんの成長ぶりに
嬉しくなりました。各医院でも、相当努力されていることと思いますが、全体的な
レベルアップが著しく 来年どのように運営しようか思案しているところです


e0190844_11381507.jpg

by roppongi-dental | 2015-10-01 13:02 | 衛生士
2015年 07月 15日

レントゲンしみ問題③調査報告

先日調査結果の報告がありました。

何らかの段階で露光した可能性が考えられるが、真の原因はわかりませんでした

「他でもしみの問題はなかったですか?」と質問した所、東北の方で一件報告されたようです。
私たちのしみよりは薄いもので類似する柄だったそうです。
原段階では製造ラインの遮光テープなどを調査したところ問題はなかったようですが、
製造段階で、ロール状になったフィルムに露光して、その一部が混入されていたのではないかという推測されているようです。

「このような問題は過去にどのくらいありますか?」
実際は事故返品されても現像の問題がほとんどで、フィルムの問題ではないことが多いそうです。
「先生のところのブログも拝見しました」と営業の方が言われました。
フィルムを台無しにする覚悟で私たちが取り組んだことを汲み取ってくれたようでした。
ブログはそれなりに影響力があると思いました。

その後フィルムに問題はなく、あるLOTナンバーだけだったようです。
デジタル化が進んでいる時代ですが、まだまだアナログのよさがあるのが実感です。
そんな中きちんと調査して対応してくだったので、色んな意味でホッとしました。

e0190844_11373163.jpg


by roppongi-dental | 2015-07-15 14:58
2015年 05月 18日

レントゲンしみ問題②その後

その後の経過です。
現像機のどの部分からしみが出るか、どのLOTナンバーで出てくるかを絞りはじめました。(写真上段)
色々考えた結果、フィルムの問題に絞ることにしました。
レントゲンのしみがでたらすぐにフィルムの使用を中止し、残ったレントゲンをすべて照射なしで現像しました。(写真下段)
大量のフィルムを流したにもかかわらず不発に終わるかな、、、と思っていたら、「先生出ました!」と衛生士の声が聞こえました。
しみのレントゲンが4枚連続で出てきました。
今までの経緯を販売元に伝え、調査依頼をしました。

結果はその通りでした。
これからアメリカ本社へ本格的に調査依頼をするそうです。
ここしばらくの問題が解決したわけではありませんが、原因が分かっただけほっとしました。


e0190844_10452887.jpg


by roppongi-dental | 2015-05-18 10:55
2015年 04月 09日

レントゲンしみ問題①調査中

3日間問題が出てこなかったので解決したかと思っていましたが、先ほどまた同じ模様のしみが出てきました。
2〜3週間前から下のようなレントゲンのしみが出る様になりました。
暑い季節になると、現像液の水洗の水に汚れが出てしみが出る事があるので、最初はそれだと思っていました。
掃除を繰り返しても改善しない事もあり、現像機の修理の方に見てもらいましたが、タンク内に汚れが少しある以外
分からないということでした。ゴミであれば同じ模様は出てこないはずです。
しみの出たレントゲンを集めてみると、図柄が同じであるものを複数枚発見しました。
現像機か、レントゲンフィルムの問題か?
ローラーに問題があればいつもそこで出てくるはずですので、現在どこから問題のレントゲンが出てくるかを調査中です。
アナログは、このような問題が出がちですが、デジタルと比較し画像の情報量が多いと感じていますので、
デジタルへの移行を躊躇しているのが現状です。

4/22 その後しみは出ておりません。
この投稿の時に出たしみのレントゲンがは以前開けたフィルムであり、新しいフィルムに変えてここしばらく
問題は出ていません。
フィルムの問題の可能性が高くなってきましたが、今後も調査していきます。



e0190844_12561642.jpg

by roppongi-dental | 2015-04-09 12:48
2015年 02月 14日

虫歯のチェック

久しぶりにいらした患者さんのお話です。
他院で無料検診に行き、虫歯があるので削るかどうかと聞かれたため、心配で受診されました。
大きな穴があいていれば分かりますが、虫歯かどうかは見て分かるのでしょうか?

当院では、歯の溝の虫歯はDファインダー(須貝昭弘先生の講演で学んだ方法)でチェックしております。
虫歯が進行している場合、歯の溝をツンツンすると、スティッキーに引っかかる感じがするので、よく分かります。
歯の溝が黒いだけでは問題ない事がほとんどですが、レントゲンでよく分からないで進行している事もあります。
明らかな虫歯以外は削るかどうかを慎重に行いたいと思っておりますが、歯の溝の虫歯は進行すると
かみ合せの重要な部分を大きく削る事になるので早めに対応したいものです。

予想通り、処置が必要な虫歯ではありませんでしたが、メインテナンスでチェックしていけば問題ない事をお伝えしました。

e0190844_11082505.jpg


by roppongi-dental | 2015-02-14 11:07


    


記事ランキング
画像一覧