六本木駅前歯科

rodental.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:院内技工 ( 8 ) タグの人気記事


2015年 10月 03日

空飛ぶインレー

先日このようなインレーが出来上がってきました。
当院衛生士のご主人の治療例ですが、右上7番の遠心の虫歯の治療でした。
頬側に傾斜しており、形成には大変苦労しました。
技工物(インレー)製作中に、技工士から「咬合面で咬んでいないので、ノブ(取り外し用の突起)は咬合面でいいですか?」と質問がありました。
「もちろん、いいよ」

セット当日、ベテラン先輩技工士Tさんの影響か、写真のようなフロス付きのインレーが出来上がっておりました。
これは、小さい詰め物(インレー)を歯に入れるとき、取り出すときの助け綱になり、非常に助かりました。
そして、この穴あきのノブにピンセットの先を引っ掛けることもできるので、つまむだけのノブより力がかかって外しやすかったのです。
「すごくよかった、助かった」と技工士と後で話しましたが、「取り外すときに紐(フロス)を引っ張れば取れるかと思って」と言っておりました。
口の中に落とすかもしれないヒヤッとすることまで想定していなかったようでしたが、
「そんなこともあるんですね、他の技工物にも使えそうですね」と色々話し、歯科臨床を共感できたことを嬉しく思いました。
口腔内は唾液で濡れているのもあり、紐で引っ張れば取れるという適合ではないこと、口腔内での着脱がいかに難しいかを知ってもらえたのではないかと思います。

咬合接触していないといえ、このノブをとって研磨するのは、歯科医にとってはつらいことなので、院内技工ならではかもしれません。
ちょっとしたことですが、院内技工を始めて、よかったと思う事柄でした。

e0190844_10414470.jpg




by roppongi-dental | 2015-10-03 10:41 | 歯科
2015年 03月 13日

CAD/CAM

先日当院で技工のデモが行われました。
近年歯科業界で話題になっている、コンピュータによる詰め物、被せ物を製作する機械です。
コンピューター上で詰め物の形、かみ合せを作って、(写真右上)ブロックの削りだしを機械が行うのを、スタッフ全員で見学しました。
ちなみに当院には約20年前に同じ機械があったのですが、精度に問題があって使い物になりませんでした。
型を取らなくてもよい、1日での治療が可能などメリットはありますが、それより何より出来上がった物の精度が重要です。
最新のものは思ったよりはよかったですが、応用する気には慣れないのが感想です。
結局は、写真を撮ったり、コンピューターで作業したり、機械を設置したりする人の手が必要になり、
型取りなしといっても出来上がったものを模型上で確認できずに口腔内で調整するのは簡単ではないと思います。
型をとって模型を作り、技工作業を簡略化するのは使い方としては妥当かもしれませんが、調整など作業は手作業になり、
作業の一過程を省く程度にしかならないと思いました。
当院には院内技工があるので、今の所必要はないですが、手作業には膨大な時間がかかるので、猫の手もかりたい時には、、、


e0190844_1322631.jpg

by roppongi-dental | 2015-03-13 13:27
2014年 12月 25日

院内技工 セラミックス

院内技工でおこなったセラミックスの症例です。右上1番を行いましたが
やや明度が低く ところどころに乳白色がありクラックラインがあったりと
複雑な色を呈しております。シェードテイキングの後に試適しました(右上)
内・外部ステイン法で行いましたが、指示の問題で色が濃くなりました。
だいたい30分くらいの調整後が、左下になります。左右上1番の歯冠形態
修正が必要ですが、まずますの出来ではないかとおもいます。その後口腔内では、
差があまりわからず患者満足が得られたことと時間の問題でセットしましたが
写真レベルでは、多少の色の修正が必要かもしれません
左上2番のセラミックス(他医院)と比較すると差がよくわかると思います。
外部ステインの削合だけでは修正できなかったので、院内技工のよさをまさに
実感した症例になります。

e0190844_17273371.jpg


by roppongi-dental | 2014-12-25 17:29
2014年 10月 20日

院内技工のインレー

院内技工を始めて3年たちました。
補綴物を製作するために費やす労力、
補綴物の精度をあげるための互いの努力
そのことから気づかされる事がたくさんあると最近つくづく思います。
これは一ヶ月前のインレーの適合試験です。
こんな適合をみると嬉しくなります。
とても気持ちよくセットすることができました。


e0190844_12322591.jpg



by roppongi-dental | 2014-10-20 12:41
2014年 05月 19日

久しぶりに適合について

先日救歯塾第2回でインレーの適合に関して発表してきました。
ブログを書くつもりはなかったのですが、患者さんから「先生のこだわりを見てみたい」とありがたいことを言われましたので、
久しぶりに適合について書きます。

詰め物、被せ物は間接法で製作され、模型上で精度を高めて作ったものでもお口の中で微調整をしなければきちんと装着することができません。
今回の発表のタイトルも「補綴物をきちんと装着するために努力していること」でした。
外面の適合から一つ一つのステップを着実に行うことのほうが大事ですが、内面調整をすることでさらにいっそうよくなります。
院内技工を始めたおかげで調整も格段に早く楽々で、咬合調整量やセメント合着の浮き上がりが減ってきたというのが最近の実感です。


e0190844_13305189.jpg

by roppongi-dental | 2014-05-19 13:30
2012年 12月 14日

院内の補綴物

分割コア(土台の金属)のセットをしました。
このパターンレジン(赤いポッチ)は何?
ノブが小さくなり着脱が難しいからなのかな?と思っていたら、似たような形態なので分かりにくいのではないかという技工士からの配慮でした。
それほどの事ではないかなと内心思っていたのですが、合着する時バラバラになった4つのコアをキャビネットの上においた時、
確かに分かりやすく、模型に戻して確認する事なく「これとこれがセットで、、、こっちから頂戴」と衛生士と語らずして、
楽々セットする事ができました。
ちょっとしたことですがストレスなく診療ができ、その事を想像して作ってくれた気持ちを嬉しく思いました。

e0190844_13294144.jpg

by roppongi-dental | 2012-12-14 13:37
2012年 09月 28日

院内技工2

日々の臨床では、形成 印象 咬合採得をしっかり行なえば(しっかりの意味合いは
技工士との見解が異なることがありますが)あとは、技工士におまかせという
シチュエーションは多いかもしれません。腕のよい優れた技工士さんに依頼すれば
大変よい結果がコンスタントに得られることが多いと思います。
しかしながら、結果に至る過程がいわゆるブラックボックスで、その辺がよく
スタディグループで話題になります。補綴出身の先生方と討論すると、間接法の理解不足
を痛感することが多々あります。
前置きが長くなりましたが、院内技工を行なうことにより間接法を理解することを目的の
一つとしていました。まず石膏 埋没材 模型の作り方 咬合器へのマウント 調節などを順に
技工士とともに確認していきました。知っていることと実際みてやってみることに大きな
隔たりがあることを実感しています。最近 スタディグル−プの大先輩に咬合器を譲って
いただきましたが、未だ知らない咬合器があり 奥が深いなーと思っています。
次は 頂いた半調節性咬合器を用いて 自分自身で咬合器調節を行なってみたいと思っています。

e0190844_16213262.jpg

e0190844_1631010.jpg

by roppongi-dental | 2012-09-28 13:16
2012年 09月 24日

院内技工1

院内技工室を作るにあたり、ファイルメーカーによる患者管理と同様に恩師のすすめがあったのが
10年くらい前。そのうちにと思っていたら10年経っていたというところが正直なところですし、
超重い腰があがったのも叱咤激励があったからでした。今年になってやっと院内技工 患者管理
どちらも実現できましたが、色々大変なこともありました。まだ半年ですが・・・
患者管理導入により、院内システムが大きく変更になりドクター スタッフともに大変な労力が
必要となりましたが、院内技工では逆に診療の流れが極めてスムーズになったため、
コストはかかりましたが同時導入でよかったのだと思い直しました。
院内技工では、模型チェックや技工物のマージンフィットを顕微鏡下で歯科医師 技工士双方で
確認できることや、正確で早い内面調整を行なえることが今のところの最も大きな利点です。

また補綴物の形態を技工士とともに模索することは、楽しい作業です。

2につづく・・・

e0190844_1734090.jpg

e0190844_1745472.jpg

by roppongi-dental | 2012-09-24 17:03


    


記事ランキング
画像一覧