六本木駅前歯科

rodental.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 08月 27日

顕微鏡

ベテラン歯科衛生士が新人のスケーラー(歯石をとる道具)をチェックしています。
一流の料理人が、包丁研ぎを欠かさないのと同じように、歯石とりの技術向上のために追求しています。
研いでは確認の繰り返しで、根気が必要です。
顕微鏡では肉眼では見えない世界があります。
丁寧な仕事をするための探求を続けていきたいと思っています。

e0190844_1733394.jpg

by roppongi-dental | 2009-08-27 17:25


<< 夏の終わり      勉強会 >>


記事ランキング
画像一覧