六本木駅前歯科

rodental.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 10月 20日

シャープニング

以前スケーラ(歯石の除去に使う器具)のチェックについて述べました。
小さい器具ですから、どのように研ぐ(シャープニング)かは意外と難しいのです。
面の仕上がり、刃の鋭さ、こだわればきりがありません。
中段の写真はスケーラーの先端の拡大写真です。もう少し気になる点はありますが
なかなか気合いの入った仕上がりです。
歯石を上手にとるため、技術の向上と共に器具へのこだわりも重要です。
包丁研ぎの原理ですが、刃と砥石がぶれないようにするGUADE ANGLE MATE SHARPNING
SYSTEM(下段右)を用いていますが、基本であるアーカンソーストーン(下段左)を用いた
フリーハンドでのシャープニングも最近見直しています。
e0190844_1315627.jpg

by roppongi-dental | 2009-10-20 13:05


<< ハロウィン      花屋さんから >>


記事ランキング
画像一覧