六本木駅前歯科

rodental.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 01月 21日

歯周病で歯を失う

抜歯は歯医者の敗北ですが、やむを得ないこともあります。
上段は歯周病が進行して、根の先まで骨の吸収が及んでいたので残すことができませんでした。
抜去した歯は、どのように歯石がついているのか、どうしたら歯石がとれるかを観察します。
根の先まで歯石がついていて、歯根に溝(縦溝)があり、治療をするのは難しい形態でした。
下段は、同じような所見ですが、状況がよかったことで抜かずに済みました。
歯を失う原因は虫歯よりも歯周病でのほうが多いと言われています。
歯周病は、はっきりとした症状が出てからでは進行していることが多いので、早めの治療をおすすめします。
患者さんの歯を長持ちさせるため、日々研鑽しています。

e0190844_12472151.jpg

by roppongi-dental | 2010-01-21 11:30


<< イタリア2      イタリア >>


記事ランキング
画像一覧