六本木駅前歯科

rodental.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 02月 01日

院内勉強会 歯を長持ちさせるために 

毎月月末に勉強会を行っています。
今回は、技工士2名を招いて、衛生士10名、歯科医師5名で補綴物に関する勉強会を行いました。
歯科治療は、歯科医師、衛生士、技工士でのチーム医療を行っています。
補綴物(詰め物、被せもの)は技工士が製作していますが、その後のメインテナンスは衛生士が行います。
最近では外注の技工になっている歯科医院が多いので、技工に関する相互理解をするために勉強会を行いました。
変わった形の補綴物だな?と思われるかたもいらっしゃるかもしれません。
歯周病が進んでいる歯のかぶせものの形です。
元の歯の形よりも、磨きやすい形にすることが、補綴物の長持ち=歯の長持ちには重要になります。
毛先の扱い方がポイントです。

e0190844_2052184.jpg

by roppongi-dental | 2010-02-01 20:04


<< 根津美術館      絵 >>


記事ランキング
画像一覧