六本木駅前歯科

rodental.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 06月 14日

ブルーシリコン 第3弾

六本木の歯医者といってもオールセラミックスばかりではないのですが、
今度は白物の適合試験に取り組みました。(ジルコニア1歯の修復です)
ジルコニアの適合に関しては、まだ不明な点が多いので語れませんが、鋳造冠とは違うということは言えます。
隣接面、隅角ではよくあることなのですが、今回は何故かシャンファーの部分、舌面隅角にあたりが見られました。
内面調整をしていくとフィットも特有な感じがします。きついかな?という感じは必ず当たっています。
メタルのようなキュッと入る感じ ではなく、ゆるいのかな?というようなすっと入る感じです。
マージンの適合はわりといいと思いましたが、ジルコニアを削るバーのサイズもあるのか、厚みが出るところも
あるように思いました。
ピンクのフィットチェッカーはブルーシリコン発売前に取り組んだもので、他の症例です。
ブルーシリコンは少し色が濃いように思いますが、透けがあり濃淡がはっきりするので、確認しやすいと思いました。

e0190844_1314143.jpg

by roppongi-dental | 2011-06-14 15:11


<< メタルの適合(ブルーシリコン第4弾)      藤の花とクマバチ >>


記事ランキング
画像一覧