六本木駅前歯科

rodental.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 09月 08日

インレーの適合

ちょっとしつこいという噂の適合試験です。(今回は1回の調整です)
今回はインレーの適合について調べてみました。
インレーはクラウンと違い、隣接面以外は短針でマージンをシ触知することができます。
すっと入りバイトもそこそこいいような気がしても、マージンを触ってみると一部「?」と思うことがあります。
短針で引っかかるマージン側の修復物内面があたっていることが多いので、調整する部位の目安になることがあります。
この症例はボックスの凹みがあたっていましたので、一カ所調整すると、すっきりと適合してきました。
肉眼での処置ですのでピカピカの形成ではありませんが、細かく製作していることがよくわかりました。



e0190844_1633844.jpg

by roppongi-dental | 2011-09-08 16:34


<< もうすぐです      お気に入りシリンジのその後 >>


記事ランキング
画像一覧