六本木駅前歯科

rodental.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 01月 18日

Oral Rehabilitation

救歯会の会員による、712本の自家歯牙移植の疫学調査がイギリスの学会誌
である、Oral Rehabilitationの2012年1月号に報告されました。日本の
商業誌でなく、海外の専門誌に投稿し認められたことはすばらしいことであると思います。
本学会誌のAssociate editorに私の母校の九州大学で、学生の頃ご指導いただいた
口腔機能修復学の古谷野潔教授が名を連ねておられます。
本論文をうけて、日本の学会から講演依頼が来ているようです。

e0190844_1716222.jpg

by roppongi-dental | 2012-01-18 16:38


<< 救歯会20周年記念誌      新年のごあいさつ >>


記事ランキング
画像一覧