六本木駅前歯科

rodental.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 07月 18日

臨床歯科を語る会

今年も臨床歯科を語る会が開催されました。会員の発言 ケースレポートが義務づけられて
おりその意味では敷居が高いですが 去年を上回る参加者で熱気に満ちあふれていました。
今年も実行委員として参加させていただきましたが、松井実行委員長のもと年々スムーズに
和気あいあいと時には楽しく時には苦しく?運営できていると思います。
私が参加した緻密な準備が窺い知れる分科会 全体会の同級生対決 恐怖の夜の部屋すべてが
明日の臨床に直結するすばらしい内容でした。座長 演者の先生方大変お疲れ様でした。
新人発表もすばらしくレベルの高いものでしたが、私が所属する救歯会の菊川先生は
前日の夜も寝る間を惜しんで(寝ることができない夜を)マイプロジェクターで頑張っていました。
私が座長進行をさせていただいたテーブルクリニックでは、準備期間が短い中でしたが
演者の先生方には練りに練られた発表で助けていただきました。ありがとうございました。
今回金子一芳先生が、新しい欠損歯列の概念「KA367」を提唱されました。
今後どのような展開になるか楽しみです。
来年以降も初夏の熱いさなか 熱すぎる会が開催されるものと思います。

e0190844_1716525.jpg

e0190844_17155098.jpg

e0190844_17143770.jpg

by roppongi-dental | 2012-07-18 17:07 | 歯科


<< アポイントシステム      事件 >>


記事ランキング
画像一覧