六本木駅前歯科

rodental.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 07月 23日

アポイントシステム

8月1日よりアポイントを電子化することになり、いよいよ追い込み段階に入っています。
当院は従来から行っていたやり方なのですが、診療室用と受付用のアポ帳が二つありました。
診療室、受付の両方で予約をとる事ができ、無駄のようでもダブルチェックができるよさがあったからです。
しかし、予約変更となると両方修正しないと行けないという不便さは拭えず、なんとかしたいとは思いつつも
解決できずにいました。
最近、ファイルメーカーを用いてデーター管理を行うようになったのを期に、アポイントシステムを導入する
一大決心をしました。
10年上続けて来たやり方を変えるのは大変で、練習期間を一ヶ月ほど設け、最終チェック段階に入りました。
この数ヶ月間でスタッフはみなファイルメーカーを使えるようになっているので、技術的な問題はなく、
どちらかというと今までやってきたことをもれなくどのようにしていくかということが問題でした。
衛生士たちはいよいよと真剣な眼差で、打ち合わせを行っています。
きれい、見やすい、どこでも同じ、パソコンの良さが生かされています。
退院して来たメインパソコン君は大忙しです。

頭で考えているだけでは解決できないことも実際にやってみて分かる事も多いく、
臨床でもそうかもしれませんが、実行に移すると、新しい発見があるものだと思いました。
とはいえ、行動に移すにはそれなりのパワーが必要です。スタッフみんなの力に感謝☆


e0190844_1513225.jpg

by roppongi-dental | 2012-07-23 15:13


<< 六本木衛生士勉強会      臨床歯科を語る会 >>


記事ランキング
画像一覧