六本木駅前歯科

rodental.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 09月 28日

院内技工2

日々の臨床では、形成 印象 咬合採得をしっかり行なえば(しっかりの意味合いは
技工士との見解が異なることがありますが)あとは、技工士におまかせという
シチュエーションは多いかもしれません。腕のよい優れた技工士さんに依頼すれば
大変よい結果がコンスタントに得られることが多いと思います。
しかしながら、結果に至る過程がいわゆるブラックボックスで、その辺がよく
スタディグループで話題になります。補綴出身の先生方と討論すると、間接法の理解不足
を痛感することが多々あります。
前置きが長くなりましたが、院内技工を行なうことにより間接法を理解することを目的の
一つとしていました。まず石膏 埋没材 模型の作り方 咬合器へのマウント 調節などを順に
技工士とともに確認していきました。知っていることと実際みてやってみることに大きな
隔たりがあることを実感しています。最近 スタディグル−プの大先輩に咬合器を譲って
いただきましたが、未だ知らない咬合器があり 奥が深いなーと思っています。
次は 頂いた半調節性咬合器を用いて 自分自身で咬合器調節を行なってみたいと思っています。

e0190844_16213262.jpg

e0190844_1631010.jpg

by roppongi-dental | 2012-09-28 13:16


<< 救歯塾      院内技工1 >>


記事ランキング
画像一覧