六本木駅前歯科

rodental.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 12月 25日

院内技工 セラミックス

院内技工でおこなったセラミックスの症例です。右上1番を行いましたが
やや明度が低く ところどころに乳白色がありクラックラインがあったりと
複雑な色を呈しております。シェードテイキングの後に試適しました(右上)
内・外部ステイン法で行いましたが、指示の問題で色が濃くなりました。
だいたい30分くらいの調整後が、左下になります。左右上1番の歯冠形態
修正が必要ですが、まずますの出来ではないかとおもいます。その後口腔内では、
差があまりわからず患者満足が得られたことと時間の問題でセットしましたが
写真レベルでは、多少の色の修正が必要かもしれません
左上2番のセラミックス(他医院)と比較すると差がよくわかると思います。
外部ステインの削合だけでは修正できなかったので、院内技工のよさをまさに
実感した症例になります。

e0190844_17273371.jpg


by roppongi-dental | 2014-12-25 17:29


<< 謹賀新年      衛生士勉強会 実習 >>


記事ランキング
画像一覧