六本木駅前歯科

rodental.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 05月 18日

レントゲンしみ問題②その後

その後の経過です。
現像機のどの部分からしみが出るか、どのLOTナンバーで出てくるかを絞りはじめました。(写真上段)
色々考えた結果、フィルムの問題に絞ることにしました。
レントゲンのしみがでたらすぐにフィルムの使用を中止し、残ったレントゲンをすべて照射なしで現像しました。(写真下段)
大量のフィルムを流したにもかかわらず不発に終わるかな、、、と思っていたら、「先生出ました!」と衛生士の声が聞こえました。
しみのレントゲンが4枚連続で出てきました。
今までの経緯を販売元に伝え、調査依頼をしました。

結果はその通りでした。
これからアメリカ本社へ本格的に調査依頼をするそうです。
ここしばらくの問題が解決したわけではありませんが、原因が分かっただけほっとしました。


e0190844_10452887.jpg


by roppongi-dental | 2015-05-18 10:55


<< 覆面ライターR.T先生 講演会      救歯会例会 健康寿命とプラーク... >>


記事ランキング
画像一覧