六本木駅前歯科

rodental.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 06月 13日

救歯塾2回・3回

5月と6月に救歯塾が行われました。
2回目までは、1歯単位なので知識があればそれほど難しく
ないですが、3回目以降は1口腔単位の話題になりますし
欠損歯列ですので容易ではありません。
一方チュートリアルで受講生の発言を
聴くにつけ感心させられることが沢山あります。体系的に考えることが
得意なのか不明ですが、明らかに10年前より優秀と思います。

症例の実際の治療手順を試験的に書いていただきましたが、
経験不足か、まだまだ苦手のようです。
治療計画・補綴設計も義歯に限定しましたが、それでも考慮することが多岐にわたり
難しかったと思いますが、これに移植・インプラントが絡むと
さらに難しくなるでしょう。

最後に黒田先生のお話がありましたが、欠損歯列の第3回にプラークコントロール
の重要性をお話されていたのが印象的でした。
e0190844_14522786.jpg


by roppongi-dental | 2015-06-13 10:44 | 歯科


<< 長谷川成男先生 講演会      覆面ライターR.T先生 講演会 >>


記事ランキング
画像一覧