六本木駅前歯科

rodental.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 10月 02日

自家歯牙移植の生存率

衛生士勉強会の後は、来たい人だけで飲み会があり、全く気をつかうことがないので
ひそかな楽しみになっています。
ところで、救歯会の自家歯牙移植 インプラント 抜歯調査のデータの論文化の
役割のほぼすべてを担っているのが吉野先生で、その飲み会で論文について聞いてみました。
英語の論文で、国内外の雑誌(JOMI JOR)などにアクセプトされている論文は、
12報とのことでそのうちの8報が自家歯牙移植のもののようです。アクセプトされるに
あたり、査読者とのやりとりが大変そうで、私にはさっぱりわかりませんが
まず好きで使命感がないとできないことなんだと思います。
救歯塾で、自家歯牙移植が何年もつのかという質問がありましたが、以下のグラフが
一つの目安になります。救歯塾では、木村敏之先生が解説されていました。
私が2012年のブログに投稿したJORにおける救歯会の論文や同年の歯界展望の
3月号でグラフが解説されています。
生存率曲線につかわれているカプラン・マイヤー法って何と吉野先生にきいてみました。
経過観察期間が異なる症例を解析し、曲線としてあらわしたものでほとんどの
論文がこの方法を用いているのではとのことでした。言われてみればなるほどです。


e0190844_13125323.jpg






by roppongi-dental | 2015-10-02 13:15 | 歯科


<< 空飛ぶインレー      衛生士勉強会  >>


記事ランキング
画像一覧