六本木駅前歯科

rodental.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 10月 03日

空飛ぶインレー

先日このようなインレーが出来上がってきました。
当院衛生士のご主人の治療例ですが、右上7番の遠心の虫歯の治療でした。
頬側に傾斜しており、形成には大変苦労しました。
技工物(インレー)製作中に、技工士から「咬合面で咬んでいないので、ノブ(取り外し用の突起)は咬合面でいいですか?」と質問がありました。
「もちろん、いいよ」

セット当日、ベテラン先輩技工士Tさんの影響か、写真のようなフロス付きのインレーが出来上がっておりました。
これは、小さい詰め物(インレー)を歯に入れるとき、取り出すときの助け綱になり、非常に助かりました。
そして、この穴あきのノブにピンセットの先を引っ掛けることもできるので、つまむだけのノブより力がかかって外しやすかったのです。
「すごくよかった、助かった」と技工士と後で話しましたが、「取り外すときに紐(フロス)を引っ張れば取れるかと思って」と言っておりました。
口の中に落とすかもしれないヒヤッとすることまで想定していなかったようでしたが、
「そんなこともあるんですね、他の技工物にも使えそうですね」と色々話し、歯科臨床を共感できたことを嬉しく思いました。
口腔内は唾液で濡れているのもあり、紐で引っ張れば取れるという適合ではないこと、口腔内での着脱がいかに難しいかを知ってもらえたのではないかと思います。

咬合接触していないといえ、このノブをとって研磨するのは、歯科医にとってはつらいことなので、院内技工ならではかもしれません。
ちょっとしたことですが、院内技工を始めて、よかったと思う事柄でした。

e0190844_10414470.jpg




by roppongi-dental | 2015-10-03 10:41 | 歯科


<< 自家歯牙移植 続き      自家歯牙移植の生存率 >>


記事ランキング
画像一覧