六本木駅前歯科

rodental.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 10月 17日

子供の歯磨きについて(母としての悩み)

現在私の娘は3歳を過ぎました。歯が生えてくるのが遅く、1歳を過ぎて下の前歯が生え始めました。
そのため念入りに奥歯まで歯ブラシをするようになったのは2歳過ぎてからかもしれません。
歯磨きをしないなんて信じられない!と思っていましたが、子育てしながら歯磨きをしっかりするのは想像以上に難しく、忘れたことも何度かありました。
最近になって色々なことが理解できる様になってきたくらいですので、歯磨き以上に大変なことが多すぎるのです。
しかしそうは言っていられないので、私ができることは、、、と、診療室につれて行っては、一歳半くらいから診療台の上で定期的に歯磨きをしてきました。
(診療室だとなぜかじっとしています)
最近ではバキュームも少してきるようになり、染め出しや回転ブラシによるクリーニングもできるようになってきました。
そして先日口腔内写真に挑戦してみました。小児用の口角鉤がやっと入る程の口の大きさです。カメラを構えると、母でなく歯科医師としての血が騒ぎ、
術前術後まで撮影してしまいました。後で振り返ってみると、情けない程のプラークコントロールです。
下の段はクリーニングの後ですが、歯面がピカピカになっています。毎日このような歯磨きができればよいのですが、限界はあります。
しかしながら練習をすることでこうやれば汚れが取れるというコツがつかめてきます。きちんとできない日が続いても諦めない、歯科医院を受診する、練習をする
それを継続するということが大切なことなんだと今さらながら思い知らされました。
次回は甘い物の摂取について、レポートしたいと思います。

e0190844_1293888.jpg

by roppongi-dental | 2016-10-17 14:33


<< 救歯会新年会      救歯塾第4回 >>


記事ランキング
画像一覧